ESって訂正しても大丈夫? そんな疑問にお答えします

Pocket

修正された跡のあるエントリーシートは好まれない

修正テープが原因で落ちてしまっては勿体ない

じっくりと時間をかけて、気持ちを込めて書いたエントリーシートでうっかりミス。修正テープで訂正を加えたい、という葛藤に駆られますが、そこはぐっと堪えて新しい紙に書き直しをしましょう。

やはりたくさんのエントリーシートの中で、修正されているものがあるとネガティブな意味で目立ってしまいます。修正してはいけない、というルールはありませんが、それがきっかけであなたの印象が悪くなってしまっては勿体無いですよね。

訂正印を使っての修正もNG

修正テープのみならず、訂正印を用いた修正も控えるようにしましょう。訂正印には公式な訂正方法というイメージもあるかもしれません。しかし、もし書き間違いをしてしまった場合は、潔く新しく書き直しましょう。「ほぼ完成していたのに!」なんてこともあるかもしれませんが、少しでも企業からのイメージををよくするためと思ってもう一度書き直すことをお勧めします

ミスをしてしまってもメールは不要

よほどのミスや変更点が無い限り連絡する必要はない

これまでのケースはエントリーシート作成中におけるものでしたが、実際に提出した後に間違いがわかった場合はどのように対応するべきでしょうか。連絡すべきかどうか不安になるかもしれませんが、基本的には応募先の企業に連絡を入れる必要はありません

ただし、万が一住所や電話番号といった個人情報など重要箇所の訂正が必要な際は、速やかに採用担当に連絡を入れるようにしましょう。

エントリーシートのミスで落ちることはない

エントリーシートの書き間違いが原因でその企業とのご縁が終わってしまうということはありません。エントリーシートの内容で不採用になることはあっても、書き間違いなどのミスで落ちることはないのです。

ですので、もしエントリーシートでミスをしてしまったとしても気にしすぎることなく面接に臨みましょう。もし面接で、エントリーシートに絡んだ質問を面接官の方にされた場合は、提出後にエントリーシートの誤字に気づいた旨をお詫びしてもいいかもしれません

下書き・添削などの対策を

エントリーシートは手書きとwebの二種類がありますが、どちらにしても下書きをすることと、添削をしてもらうことを忘れないようにしましょう。これらは誤字脱字や文法ミスのみならず、内容のブラッシュアップにもつながります

手書きの場合は特に下書きが欠かせません。レポートもPCで作成するようになった昨今、自分が思っている以上に漢字の間違いなどは増えてしまうものです。

添削をしてもらう相手は大学の友人ででもいいですし、大学のキャリア支援を利用するのもいいでしょう。エントリーシートは相手あってのものですので、自分でいい文章が書けたと思っていても相手からしたらよくわからない、なんてこともあり得ます。ですので、必ず第三者に読んでもらうようにしましょう