【イベントレポ】ニコニコ超会議2017の取材に行ってきた!

互助交通有限会社
Pocket

「ニコニコ超会議2017」を超取材してきた!

こんにちは、ライターの渡辺と申します。

ニコニコ超会議2017

私は本日、とあるイベント会場に来ております。

今どんな状態なのかと言いますと、人の多さに衝撃を受けているといった感じです。

ニコニコ超会議2017

見てください。この人の多さ。GWという心弾むような連休を目前に控え、全国各地からやってきた来場者で会場内は大変な熱気に包まれています。

一体どこにいるのかと言いますと

ニコニコ超会議2017

「ニコニコ超会議2017」が開催されている千葉県幕張メッセに来ております。

学生メディアなのに、なぜ私がこのイベントにやって来たのかと言うと、以前とあるイベントでご挨拶させていただいたタクシー会社、互助交通有限会社さんがこの度「ニコニコ超会議2017」に出展されると聞いたからです。

ニコニコ超会議って?

まずはこのイベントの概要について説明させていただいます。

ニコニコ超会議とは、動画共有サービスを提供している株式会社ドワンゴさん主催のカルチャー融合型の大型イベント。

4月29日(土)、30日(日)の2日間に渡って開催されています。

超踊ってみた、超歌ってみた、超演奏してみた、超トークステージ、超ユーザー生放送など、あらゆるジャンルを網羅した盛りだくさんなステージやブースが設置されています。

そのほか、両国国技館さながらのステージセットの大相撲や歌舞伎などの日本の伝統文化、ネット、動画を含めた様々なカルチャーが融合した参加型複合イベントなのです。

というわけで、イベント会場や来場者の様子もレポートしていきますよ。

趣向を凝らした様々なブース

会場内は、趣向を凝らした多種多様なブースで大変な盛り上がりを見せていました。

ニコニコ超会議2017

いきむ犬がいたり、

ニコニコ超会議2017

コスプレをしたお姉さんがいたり、

ニコニコ超会議2017

進撃の巨人とセブン銀行をコラボしたブースもあったり、

超歌ってみた

バンドメンバーを招いてのミニライブがあったりと、見て楽しめる、参加して楽しめる、といった感じのアトラクション型のイベントです。

ニコニコ超会議

株式会社三井住友銀行のキャラクター「ミドすけ」と記念撮影ができるブースもあります。

三井住友銀行

スタッフの方々は、ミドすけのやや大きめなぬいぐるみをおんぶ紐で背負い、子守をしています。ミドすけ、おとなしいですね。

三井住友銀行

ミドすけとの記念撮影は断念しましたが、ババ抜きに挑戦しました。私の向かいの男性がババを持っていて、それを引いて最後までカードが残った方が負け。

私がこの勝負にもし負けてしまったとしても「顎クイ」もしくは「壁ドン」をプレゼントしてくれるというもの。

普段はカードゲームにはめっぽう弱い私ですが、なぜかこの時だけはすんなり勝ててしまいました。勝利の暁として、ミドすけがプリントされた緑色のハンドタオルをいただきました。

ありがとうございました!

コスプレアルバム

会場内をまわっていて気がついたのですが、来場者の半数近くがコスプレ衣装に身を包んでいます。出展社のスタッフの方々も、露出度高めなコスプレ姿。

また、一眼レフカメラを首からぶら下げて、コスプレ写真を撮影する来場者の姿が数多く見受けられます。

それでは、撮影したコスプレイヤーさんたちをご覧ください。尚、本日撮影させていただいた方からは事前に承諾を得ています。

コスプレ

多くのカメラマンからレンズを向けられており、カメラ目線をいただくのに苦労しました。。。

コスプレ

カメラを向けると、慣れた様子でポーズを決めてくださいました。カウボーイハットにウェスタンブーツがよく似合っていらっしゃいました。

コスプレ

彼女もまた、多数の男性カメラマンから人気を集めていました。結構胸元がざっくり空いた、大胆なデザインの衣装なんですね。

コスプレ

こちらのスタッフの方々はスタイル抜群で、ショートパンツがよく似合っています。

コスプレ

撮影を続けていると、カバンの中から持参した色紙を取り出してサインを求める人の姿も。ファンサービスと言うのでしょうか、快くサインに応じていらっしゃいました。

屋外はコスプレの撮影大会

しばらく室内を探索したあと外に出てみると、コスプレをした若者とそれを並んで撮影する人でごった返しており、撮影会場と化しています。

しかも、撮影している人が持っているカメラのほとんどが一眼レフで、レフ板や三脚を持っている人の姿もちらほら。撮影に対する本気の姿勢が伺えます。

フラッと立ち寄った通りすがりの私には状況がよく理解できませんでしたが、並んでみることにします。

コスプレ

コスプレ

コスプレをしている人のほとんどが、このように持参したスケッチブックに自身のTwitter、Instagram、FacebookなどのSNSのアカウント名を記載して荷物の横に立てかけてあります。

せっかくなので、話を聞いてみることに。

普段からこうしたコスプレイヤーが多く集まるイベントに参加しているのだそう。また、こうしてアカウント名を記載しておくことでフォロワーが増えて拡散されていき、自分の認知度を上げて活動の拠点を広げていきたいと考えているといいます。

コスプレ

このコスプレのために、数ヶ月前から準備を始めて今日は早朝からメイクやら何やらでかなり気合いが入っているようです。今日は半袖1枚でも暑いくらいの陽気なので、涼しくて快適なんだそう。

コスプレ

彼女の姿をおさめようと、約10名ほどの撮影待ちの列ができていました。

コスプレ

お友達同士というこのお二方は、今日は埼玉から始発に乗ってやってきたのだそう。

 

会場の外には、他にも多くのコスプレイヤーたちで大変な賑わいを見せていました。潮風に当たりすぎてそろそろ寒くなってきたため、会場内に戻ろうと思います。

会場内に戻ると、先ほどよりも来場者数が増えてまっすぐ歩けないほどフロア内は混み合っています。

コスプレ

犬でしょうか、狼でしょうか。肩を組んでいる姿がとてもシュールですね。

コスプレ

スクール水着にランドセルというやや過激な姿のこちらの女性。話しかけていいものかどうか躊躇しましたが、声をかけると快く撮影に応じてくださいました。

アニメに疎い私は、何のキャラクターをモチーフにしているのか皆目検討もつきません。

コスプレ

会場内でひときわ目立つコスプレイヤーを発見。というのも、もともと長身な上に底が10cm近くもある下駄を履いていらっしゃるからです。下駄のみの写真を撮影させていただこうと思ったのですが、どうやら静止しているのが難しいのだそう。

履きなれるまでには訓練がいるとのこと。しかし、その下駄を履いて参戦するあたり、本気度が伺えますね。

互助交通有限会社さんは今年で出展2回目

互助交通有限会社

互助交通有限会社さんの出展ブースへとやってきました。

迎えてくれたのは、互助交通さんが運営している「Gojo World(ゴジョワールド)」というアプリに登場するキャラクター、エミーユに扮した可愛らしい女性。

亜 羽音さんの投稿 2016年1月21日

「Gojo World(ゴジョワールド)」は、美少女×タクシーのGPS連動型の世界初のキャラ進化アプリです。

無料ダウンロードして登録をすると、タクシーの利用回数や距離に応じてポイントが手に入るというもの。

互助交通有限会社

こちらは、同じく「Gojo World(ゴジョワールド)」で登場するキャラクター、モコ。カメラを向けるとすぐにスイッチが切り替わり、様々なポーズや表情を決めています。

ちなみに互助さんの出展ブースに置かれたタクシー(痛車)は、都内で数台しか走っていないというロンドンタクシー。

そのうちの2台は、互助さんが所有しています。

そしてそのタクシー(痛車)は、2つのキャラクターに合わせてピンクとブルーで世界観が分かれています。

互助交通

左はブルー。

互助交通有限会社

右はピンク。

互助交通有限会社

そして、今回このアプリに登録してTwitterに投稿するとあるアイテムがもらえるとのこと。

そこで早速、私もやってみることにしました。

互助交通有限会社

まずはアプリ「Gojo World(ゴジョワールド)」をダウンロードして、アプリを起動。

互助交通有限会社

アプリを起動すると、先ほど撮影させていただいたエミーユが登場。

互助交通有限会社

「(Twitter)つぶやいてポイントをゲット!」と書かれたブルーのボタンをタップし、

互助交通有限会社

ポイントをゲット。

互助交通有限会社

互助交通さんの取締役である中澤睦雄さんにTwitterの画面を見せ、防水スマホゲースをゲットしました!

防水スマホケース

アプリ内に登場するキャラクター、エミーユとモコがプリントされたオリジナルの防水スマホケースです。

防水スマホケース

何でもすぐに試さずにはいられない私は、包装を破いて早速スマホを入れてみました。

うん、ちょうどいいサイズ感。防水だけあって、開封口がしっかりとしています。開ける時は、それなりの指先の力が必要です。

互助交通有限会社

受付テーブルにはスタンプラリーの紙が置かれています。

これも試すことにしました。

互助交通有限会社

中澤さんにスタンプを押してもらい、

互助交通有限会社

「Sky Phone」というブースでスタンプを貰えば、何かしらの記念品がもらえるようです。後で行ってみます。

中澤さんに今回出展した経緯について聞いてみると、

「ターゲットは主に若い人や学生。開園直後から若いお客さんが来てくれています。

今はタクシー業界に興味を持ってくれる人、就職を考える人が少ないんですよね。そもそも、日常生活の中でタクシーに乗ることはあっても、働こうって考えてる若者が全然いない。

だから、こうやって弊社の誇りであるロンドンタクシーの痛車やアプリのキャラクターを通して、少しでも興味を持つきっかけ、入り口になればいいなと思って出展しました」

とおっしゃっておりました。

互助交通有限会社のアトラクション型会社説明会

ちなみに、互助交通さんでは、アトラクション型会社説明会という非常に珍しい取り組みを行っています。

以前私も参加させていただきましたが、内容はこんな感じです。

会社説明会

「消えたロンドンタクシーを追え!」と題したこの会社説明会は、新米刑事に扮した参加者である私たちが、犯人が残した手がかりをもとに謎を解きながらロンドンタクシーのありかを探す、というもの。

例えば、

会社説明会

犯人が残していったとされる証拠品の数々と、

会社説明会

部屋の中に残された暗号を頼りにメッセージを読み解いていったり、

会社説明会

互助交通さんのタクシーに乗って外に飛び出し、

会社説明会

ワードゲームで、乗務員さんの働き方や車内で生まれるドラマを読み解いていったり。

普通、会社説明会と聞くとパイプ椅子に座って登壇者の話を延々聞いたあと、質疑応答で終了という単調な場合が多いもの。

しかし、互助交通さんが取り組んでいるこの会社説明会は、少し違います。

アトラクション型と言っても、ただ謎解きをするだけではありません。

実際にタクシーに乗って中距離を移動をすることで、乗務員の方々が日頃お客さんとどんなやりとりをしているのか、どんなワークスタイルで日々仕事に取り組んでいるのかといった、あまり知られていない働き方を垣間見れるという趣旨が見えてくるのです。

タクシーの乗務員さんに、タクシー初乗り運賃が410円に引き下げられたことによって、何か影響はあったかどうか聞いてみたところ、

「そうですねぇ。やっぱり初乗り運賃が410円になったことで、お客さんの数は圧倒的に増えましたねぇ。駅から数百メートルの距離でも“ちょっとそこまで”って乗ってくれるお客さんが増えたので、我々乗務員としては嬉しい限りですね。

これまでよりも、タクシーという存在をもっと身近に感じていただけるようになったんじゃないかなって感じはしますね」と話していました。

互助交通さんの採用情報や会社説明会に関する案内は下記のリンクよりご覧ください。スタッフの方々が書いているブログも、人間味が感じられる内容で読んでいるとほっこりしますよ。

互助交通有限会社

 

「ニコニコ超会議2017」のイベントに戻ります。結局、スタンプラリーの場所まで辿りつけず記念品は断腸の思いで諦めることにしました。

お土産

帰り際、お土産をいただきました。あまりにもきれいに包装されていたため、中身は帰宅してから見ることにします。

はい、というわけで「ニコニコ超会議2017」を取材してきました。どこのブースも大変な盛り上がりを見せており、会場内は熱気と活気に溢れていました。

参加型で楽しめるアトラクションブースが数多く設置されていたため、今度はプライベートで来てみたいと思います。

互助交通さん、株式会社ドワンゴさん、快く撮影に応じてくださったみなさま、本当にありがとうございました!!